いまは珍しい牙次印

  • RSS

昔の印鑑は、今の印鑑とはまた違った形をしていたのをご存知でしょうか?
今の印鑑は、朱肉につけてから紙面などに押しつけるタイプで、棒状になっています。また、印鑑ケースには朱肉が付いている場合が多いです。つまり、印鑑ケースを開ければ、印鑑と朱肉が収納されているタイプですね。今の時代は、このタイプの印鑑が多いでしょう。

しかし昔は、こういったタイプの印鑑とは全く違った形をしていました。「牙次印」というのですが、ご存知の人はあまりいないと思います。ちなみに読み方は「げつぎいん」です。
牙次印は、水牛の先端に象牙がつけられていて、朱肉ケースと蓋(さや)が一体になっている印鑑です。ちなみに牙次印は現在のハンコよりも短く、45ミリほどしかありません。これは昔の印鑑の一般的な長さですが、今の印鑑から考えるととても短いですよね。
今ではあまり取り扱っているハンコ屋さんもなく、しかも高級品なので手が出ないと言う人も多いかもしれません。しかし昔はこういった印鑑も「銀行印」として使っていた人も多く、しかも手彫りですから防犯性は高く、悪用を防ぐには充分に効果を発揮してくれる印鑑だと言えます。

今の時代ではあまり牙次印を使っている人自体が居ませんが、これを一本持っているだけでかなり優秀な働きをしてくれますから、もし興味のある人は取り扱っているお店を探してみるのもよいかもしれませんね。
ただし高価な印鑑なだけに、なくしたときのショックは一塩ですから、紛失には注意しましょうね。
必ずケースと一緒に持ち歩き、一定の場所で保管するくせをつけると紛失しにくいですよ。

銀行印について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

近所に昔からある印鑑屋さんで、 実印と銀行印を注文しました。 職人さんによる完全手彫りだそうです。 お値段は実印が15mmフルネームで13000円ほど、 銀行員が苗字のみで9700円ほどでした。 素材は黒檀で、字体は実印がてん書体、銀行員が太枠てん書体です。 このことを知人に話したら、 「値段高すぎない?」と言われました。 事前にネットなどで調べて、機械彫りだとずいぶん安いのは 知っていましたが、何度も作るものでもないので、 せっかくだから手彫りで!と思ったのですが・・・ 変な言い方ですが、ぼったくられたのかと心配です(笑) この金額は妥当でしょうか! ご回答お願いします!

ベストアンサー

妥当な値段です。むしろ手彫りでは良心的な値段だと思います。 登録印鑑(実印)は印鑑証明書とセットになって金銭消費貸借契約、連帯保証、不動産売買、登記、相続など大きな金額の財産に関係してきますので自分の気に入ったものを大事にするのが良いと思います。 実印は「唯一無二」と言われ本人の分身でもあります。 銀行印についてもキャッシュカードなどであまり使う機会はありませんが大事にしてください。

質問日時:2016/02/09 02:18:39 回答数:5

質問内容

印鑑(実印と銀行印)二種類を子どもへ購入検討中です。春から社会人でプレゼントしようと思います。金額的にも予算があります。親としては、黒水牛(16.5と13.5㎜)で十分かなと思っています。息子 に聞いたら、チタンという素材がいいかなといってます。私自身あまり聞いたことがなく、印鑑に? そこで、印鑑に詳しい方、印鑑を作成した方、アドバイスお願いします。

ベストアンサー

印鑑の材質は、機能に問題が無ければ、あとは個人個人の趣味によりけりと思います。で、私個人の意見ですが… チタンの良いところ。 (1)頑丈で、欠けたり磨耗したり変質したりしない。火事になっても焼け残る。(2)朱肉のキレが良くキレイに捺せる。石や象牙だと本当に微妙ですが朱肉の乗りが一定ではないのか滲みが生じることがありますが、チタンは見事にクッキリです。(3)それこそ好みですが、比重が小さいと言っても金属ですので適度な重みがあって、重々しさを感じる。持った時に安定して捺しやすい。 留意すべき点。 (1)必ず機械彫りなので、職人がオリジナルの図案を作ってくれる店を選ぶべき。比較的、安価で書体の選択肢が少ないところはパソコンでデザインしているので同姓同名なら全く同じ印鑑が出来てしまいます。銀行員や実印の場合は気になる部分と思います。チタンに限らず、他の素材でもパソコンでデザインして機械で彫る、はあることですが。(2)機械彫りなので、手彫り独特の味は矢張りない。(一方でとてもきれいな線です)(3)自然素材にある温もりがない。(これも好みですが、コーティングを施し金属の肌を隠す製品もあるようです) 私はそうは感じませんが、「生き物の体の一部(死骸)を使った印鑑は避ける」という考えもあるそうで、その点、チタン(や金とかプラチナなどの金属)素材なら全く問題無いですね。 昔は水晶の実印を使う人も多かったようですが最近はあまり聞きません。冒頭で述べましたが、必要な機能(変質しないことや独自性)を満たすなら、時代によって好みが変わっても良いのではないでしょうか。因みにチタン印鑑のお値段はちゃんとオリジナルデザインしてくれるところで黒水牛と同程度かと思います(パソコンデザインなら素材の純度も違うのかも知れませんが、最近はフルネームで数千円で済むところもあるようです)。

質問日時:2016/01/31 00:58:18 回答数:3

質問内容

個人名義の口座を、任意団体名義に変更することは可能でしょうか? とあるサークルの会計を預かっていた時、某M銀行に私の個人名義で口座を開設し、現在までサークルの口座として使用していました。その間、会計担当は何度か変わりましたが、口座名義は私のまま、変更していませんでした。 この度諸事情でそのサークルを抜けることになったので、現在の会計に名義人変更をする必要が出てきました。 そこで、「どうせなら、きちんとサークルとしての口座にしてしまった方がいいのではないか」という意見が出ています。つまり、任意団体として、名義を「●●(私の名前)」→「△△サークル 代表○○」に変更したいということです。 これは可能なのでしょうか。可能であるなら、下記の他どのような書類などが必要になるのでしょうか。 ・現在使用している通帳とキャッシュカード、印鑑(私の個人印) ・私および現会計の本人確認書類 ・サークル代表印:作成予定 また、銀行のHPを見ると、任意団体が口座を開設する場合「任意団体の規約・会則・議事録」などが必要になるそうですが、そういったものは特にありません。絶対必要なものなのでしょうか。 わかりづらくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

ベストアンサー

>そこで、「どうせなら、きちんとサークルとしての口座にしてしまった方がいいのではないか」という意見が出ています。 それが正論だと思います。 口座名義人の氏名が変わった、団体名を変更した、などの口座名義の氏名変更は可能だと思いますが、口座番号を変えないまま、個人口座 → 任意団体口座、にするのは不可の銀行もあるので、その銀行に聞いてみたらいいですよ。 不可なら あなたの口座名義にある任意団体のお金を全額引き出して、次に任意団体の代表者になる人に その残高を渡して、次に代表者になる人が 新規で任意団体口座を作ったらいいと思います。 口座を作るときに 預け入れする金額は半端な金額でもかまわないので、次に代表になる人は あなたから渡された 任意団体のお金 全額を預け入れして 任意団体口座を作ったらいいと思います。 口座の印鑑は、任意団体の代表者の個人名の印鑑にせずに、任意団体名が なん文字が入っている 任意団体口座専用の印鑑を 任意団体のお金で 作ったほうがいいと思いますよ。 そしたら それ以後は 代表者の交代があっても、代表を退く人は、新たに代表者になる人に、任意団体口座の、通帳と口座の印鑑と、キャッシュカード(発行してあるなら暗証番号も知らせてキャッシュカードも)を、渡せば、新たに代表者になる人は、任意団体名義の、通帳と口座の印鑑と、代表者個人の運転免許証などの本人確認できる物で、任意団体口座の代表者名変更の手続きを すればいいだけですからね。 任意団体名義の口座を作るのは、各銀行とも厳しくなってきているようなので、口座を作ろうと思う銀行に どういった物が必要かを、代表者に交代する人が よく聞いたほうがいいですよ。

質問日時:2016/01/28 21:30:51 回答数:1

このページの先頭へ