いまは珍しい牙次印

  • RSS

昔の印鑑は、今の印鑑とはまた違った形をしていたのをご存知でしょうか?
今の印鑑は、朱肉につけてから紙面などに押しつけるタイプで、棒状になっています。また、印鑑ケースには朱肉が付いている場合が多いです。つまり、印鑑ケースを開ければ、印鑑と朱肉が収納されているタイプですね。今の時代は、このタイプの印鑑が多いでしょう。

しかし昔は、こういったタイプの印鑑とは全く違った形をしていました。「牙次印」というのですが、ご存知の人はあまりいないと思います。ちなみに読み方は「げつぎいん」です。
牙次印は、水牛の先端に象牙がつけられていて、朱肉ケースと蓋(さや)が一体になっている印鑑です。ちなみに牙次印は現在のハンコよりも短く、45ミリほどしかありません。これは昔の印鑑の一般的な長さですが、今の印鑑から考えるととても短いですよね。
今ではあまり取り扱っているハンコ屋さんもなく、しかも高級品なので手が出ないと言う人も多いかもしれません。しかし昔はこういった印鑑も「銀行印」として使っていた人も多く、しかも手彫りですから防犯性は高く、悪用を防ぐには充分に効果を発揮してくれる印鑑だと言えます。

今の時代ではあまり牙次印を使っている人自体が居ませんが、これを一本持っているだけでかなり優秀な働きをしてくれますから、もし興味のある人は取り扱っているお店を探してみるのもよいかもしれませんね。
ただし高価な印鑑なだけに、なくしたときのショックは一塩ですから、紛失には注意しましょうね。
必ずケースと一緒に持ち歩き、一定の場所で保管するくせをつけると紛失しにくいですよ。

銀行印について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

銀行印と実印(印鑑登録)を同じにしない方がいい理由は なんでしょうか? 偽造されたりとか、具体的にどのようなトラブルが起こりえますか? 無知ですみませんがよろしくおねがいします。

ベストアンサー

理由は、実印は氏・名で彫るのが一般的です、銀行印は氏だけが多いです。 実印を手彫りであれば偽造は至難の業です。 もし、偽造されても、印鑑だけでは悪用されません、印鑑証明と実印があって初めて有効です、印鑑証明を取るには印鑑登録カードが無ければ発行されませんので、カードを大切に保管するならトラブルは殆どありません、

質問日時:2014/11/14 09:33:38 回答数:2

質問内容

銀行印の印鑑で印鑑登録をしてしまいました。 普段銀行印や保険などの契約などで使っていた印鑑で、先日印鑑登録してしまいました。 無知なのも悪かったのですが、先日車購入の際印鑑証明が必要だと言われ、銀行印で登録して発行したのです。その用紙は車屋に提出済みですが・・。 日数はかかるかもしれませんが、印鑑を新たに作り印鑑登録を変更したいのですが、それは役所ですぐに手続き可能なのでしょうか? それと新たに登録しなおした場合、車屋さんに提出したものはまた新たに発行して提出しないといけなくなるのでしょうか・・? よろしくおねがいします

ベストアンサー

自動車の手続きが完了したら、都合の良い時に役所に行って、印鑑登録の廃止手続きをしておいたら如何でしょうか。 ずっと実印を持っておく必要はありません。 また必要な時が来たら、今度は専用の印鑑を作って印鑑登録されたら良いと思います。 実印を変更するのも同じ流れでして、今の実印の廃止(印鑑登録の抹消)手続きをして、新たな印鑑を再度、印鑑登録するのです。 自動車の売買手続きが終了した後、実印を変更したからと言って印鑑登録証明書などを新たに車屋さんに提出する義務はありません。 手続き中にその印鑑が実印であれば良いだけです。

質問日時:2014/11/14 09:15:05 回答数:4

質問内容

銀行印について 今、銀行印をお持ちしています。 銀行印は実印、認印として使えますか? (印鑑登録、宅配便、契約書などです。)

ベストアンサー

印鑑登録できる印鑑は自治体で大きさなどに規定があります。 その規定に合っているのであれば、登録できます。 印鑑自体に、この印鑑は銀行用、こっちは認印、などと区別があるわけではありません。使う人間が区別しているだけです。

質問日時:2014/11/07 04:21:36 回答数:5

このページの先頭へ