いまは珍しい牙次印

  • RSS

昔の印鑑は、今の印鑑とはまた違った形をしていたのをご存知でしょうか?
今の印鑑は、朱肉につけてから紙面などに押しつけるタイプで、棒状になっています。また、印鑑ケースには朱肉が付いている場合が多いです。つまり、印鑑ケースを開ければ、印鑑と朱肉が収納されているタイプですね。今の時代は、このタイプの印鑑が多いでしょう。

しかし昔は、こういったタイプの印鑑とは全く違った形をしていました。「牙次印」というのですが、ご存知の人はあまりいないと思います。ちなみに読み方は「げつぎいん」です。
牙次印は、水牛の先端に象牙がつけられていて、朱肉ケースと蓋(さや)が一体になっている印鑑です。ちなみに牙次印は現在のハンコよりも短く、45ミリほどしかありません。これは昔の印鑑の一般的な長さですが、今の印鑑から考えるととても短いですよね。
今ではあまり取り扱っているハンコ屋さんもなく、しかも高級品なので手が出ないと言う人も多いかもしれません。しかし昔はこういった印鑑も「銀行印」として使っていた人も多く、しかも手彫りですから防犯性は高く、悪用を防ぐには充分に効果を発揮してくれる印鑑だと言えます。

今の時代ではあまり牙次印を使っている人自体が居ませんが、これを一本持っているだけでかなり優秀な働きをしてくれますから、もし興味のある人は取り扱っているお店を探してみるのもよいかもしれませんね。
ただし高価な印鑑なだけに、なくしたときのショックは一塩ですから、紛失には注意しましょうね。
必ずケースと一緒に持ち歩き、一定の場所で保管するくせをつけると紛失しにくいですよ。

銀行印について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

私は大学に通っているのですが先日授業料口座振替の書類を提出したのですが印相違で戻ってきたので最初は滲みか欠け印かなと思ったのでもう一度提出したのですがまた印相違で戻ってきました 私はまだ印鑑をこれしか持っていないので印相違っていうのはおかしいと思います奨学金やバイトの振込にもこの印鑑を使いました さすがにおかしいので銀行に行って確認をしてもらおうと思うのですが口座を作った銀行でないと確認をしてもらえないのでしょうか?家から遠い大学に通ってる身なので大学の近くの銀行に行こうと思っているのですがちなみに銀行はUFJです

ベストアンサー

同行なら他支店でも大丈夫です。 通帳、印鑑、免許証か保険証等の本人確認が必要です。

質問日時:2015/06/28 08:53:52 回答数:1

質問内容

個人事業主が必要な印鑑について 最近個人事業主として活動を始めました。 その際に必要な印鑑について質問します。 色々と調べたのですが、 個人事業主として活動するにあたり、 必要となる印鑑はどういったものでしょうか? 使用用途としては、 お客様と簡単な契約書のやり取りをする程度で、 請求書や見積もり書、銀行等とやり取りする必要はほとんどありません。 なので銀行印等は必要ありませんか? ”確かにお受けいたしました”と証明出来るものであればいいんですが、 丸印、角印、どちらを作ればいいでしょうか? また、法人として登記する訳ではないので、 法人実印では無く、法人認印でOKですか? よろしくお願いします。

ベストアンサー

ご質問のような状況でしたら 普通の認印 or シヤチハタ1本で間に合います。 個人事業でも ○ or ▢の屋号認印をお使いの方もいらっしゃいますが 選択はあくまで任意です。 ご繁盛お祈りいたします m(__)m

質問日時:2015/06/19 02:34:35 回答数:1

質問内容

再婚後の口座名義変更について教えてください。 元夫と離婚後、銀行口座の苗字を旧姓に戻さぬまま再婚しました。 あまり使っていない口座だからと放置していたのですが 振込等でそこの銀行 の口座が必要になり、苗字変更したいと考えております。 ①元夫の姓の印鑑は全て手元に残さなかったので、銀行印がない。 ②離婚後に免許証更新し、再婚したために私が元夫の姓であった人物と証明できるものが無い。 上記のような場合、名義変更は出来ないのでしょうか? また、出来るとしたら、必要な証明書類等は何になるでしょうか? すみませんが、どなたかのご回答をお待ちしております。

ベストアンサー

①は、印鑑を別の印鑑に改印すればいいのだと思います。 ②は、過去の戸籍謄本を取り寄せれば、旧姓の証明はできると思います、現在の姓の運転免許証も提示すれば、旧姓と新姓の自分は同一人物、と証明できると思いますよ。 旧姓を証明するためとはいえ、過去に、住民票があった自治体の 住民票や 実印の印鑑証明書は取れないと思うので、何度、姓が変わっても、過去の戸籍謄本の写しは、本籍地のあった役所で発行してもらえるので、戸籍謄本の写しを、旧姓の証明、とするしかないと思います。 印鑑証明書の発行は、住民票がある自治体に、実印として登録してある実印の印鑑証明書ですから、銀行に届け出る印鑑は なるべくなら 実印と同じ印鑑にせず、実印と銀行印は、別の印鑑にしておいたほうがいいですよ。 現在の姓の記載のある、有効期限内の運転免許証があれば、現在の住民票のある自治体の住民票や実印の印鑑証明書は、必要ないと思いますよ。 詳しいことは、通帳かキャッシュカードを手元に持ってから(口座番号を聞かれるかも知れないので)、その銀行の口座店に、電話して問い合わせてみたらいいですよ。

質問日時:2015/06/16 20:12:21 回答数:3

このページの先頭へ