いまは珍しい牙次印

  • RSS

昔の印鑑は、今の印鑑とはまた違った形をしていたのをご存知でしょうか?
今の印鑑は、朱肉につけてから紙面などに押しつけるタイプで、棒状になっています。また、印鑑ケースには朱肉が付いている場合が多いです。つまり、印鑑ケースを開ければ、印鑑と朱肉が収納されているタイプですね。今の時代は、このタイプの印鑑が多いでしょう。

しかし昔は、こういったタイプの印鑑とは全く違った形をしていました。「牙次印」というのですが、ご存知の人はあまりいないと思います。ちなみに読み方は「げつぎいん」です。
牙次印は、水牛の先端に象牙がつけられていて、朱肉ケースと蓋(さや)が一体になっている印鑑です。ちなみに牙次印は現在のハンコよりも短く、45ミリほどしかありません。これは昔の印鑑の一般的な長さですが、今の印鑑から考えるととても短いですよね。
今ではあまり取り扱っているハンコ屋さんもなく、しかも高級品なので手が出ないと言う人も多いかもしれません。しかし昔はこういった印鑑も「銀行印」として使っていた人も多く、しかも手彫りですから防犯性は高く、悪用を防ぐには充分に効果を発揮してくれる印鑑だと言えます。

今の時代ではあまり牙次印を使っている人自体が居ませんが、これを一本持っているだけでかなり優秀な働きをしてくれますから、もし興味のある人は取り扱っているお店を探してみるのもよいかもしれませんね。
ただし高価な印鑑なだけに、なくしたときのショックは一塩ですから、紛失には注意しましょうね。
必ずケースと一緒に持ち歩き、一定の場所で保管するくせをつけると紛失しにくいですよ。

銀行印について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

急遽、実印を作らないといけなくなりましたが、銀行印しかありません。 あまり無い姓なので印鑑屋さんにも無いと思われます。 今から作る時間はないのですが、一時的に銀行印を登録して、すぐ抹消したら問題ないですよね?

ベストアンサー

銀行印を登録しても何の問題もないです、、そのまま両方で使ってもいいですよ、、実印で気を付ける事は印鑑登録カードなるものがある場合はきちんとしまっておく事です、、カードを持参した人に証明書を渡す仕組みになっています、、実印は証明書を添えないと効力は出ませんので、、、さすがに普通の認印として使わないようにしましょう、、と言う程度の物です、、

質問日時:2016/08/25 06:37:30 回答数:2

質問内容

印鑑について 個人用の「実印」「銀行印」「認印」の それぞれの判子の印面の彫刻は 「姓のみ」「名のみ」「姓名両方」 どれでも良いのでしょうか? 特に決まりなどは無く自由なのでしょうか?

ベストアンサー

「実印」 ・住民基本台帳の文字が基本 ・姓と名の頭文字1字づつでも可 ・姓名+印(or章)、姓+印(〃)、名+印(〃)も可 ・枠なし不可(欠損率で可の場合有) ・白文(白抜き文字)不可 ・材質及びサイズ規定あり 「銀行印」…… ご質問のとおり(銀行の判断次第) 「認印」…… プライベート用ならご質問のとおり ・組織内では 名のみの認印は基本常識外(但し、規定次第) ・認印に法的規定なし(相手方の判断次第) __________ 〈補〉 ・既製印は印鑑登録不可の自治体あり(各自治体条例次第) ・>女性は名のみが多い → 根拠となる数字なし

質問日時:2016/08/22 19:41:49 回答数:3

質問内容

受取手形を受取った際、銀行印を他の印鑑を間違えて捺印し、正しい印鑑を横に押してありました。 この場合は間違いの印鑑に訂正印はいらないのでしょうか?このまま銀行に取立てに出しても問題 ないのでしょうか?宜しくお願いします。

ベストアンサー

間違えた押印に正しい押印を重ねてあり、さらにそれらに重ならないように正しい押印がなされていますでしょうか。 そうでしたら、重ねてあるのが訂正印になりますので、銀行で受け付けてもらえます。そうでなければ、銀行では受け付けてもらえませんから、重ねた訂正印をもらうか、または手形を差し替えてもらうことになります。 https://careerpark.jp/5773 全銀協ホームページ内のPDF http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/education/free_publication/pamph/pamph_04/animal03.pdf >金額以外の事項は、訂正することができます。 なお、手形帳を銀行が販売することと、手形振出しの際にどの印鑑を押印するかどうかとは、無関係です。銀行が手形帳を販売していてもいなくても、銀行が受け付けてくれるのは銀行に届け出た印鑑のみです。 「統一用紙になり銀行が当座預金が有る企業に販売するようになっているのです。したがって、振出人が手形に押す印鑑を間違える事はまずないのですが」との回答があるようですが出鱈目です。 また、ご質問は振出人が印鑑を誤っていた、ということですね。それにも関わらず、「振出人が手形に押す印鑑を間違える事はまずない」として裏書の話に移り、しかも訂正が必要かどうかというご質問に何ら答えていない回答があるようですが、これも出鱈目です。 さらに、ご質問者さんは受け取った手形をちゃんと確認したからこそ、今回のご質問をしていますよね。それにも関わらず、「受取る時に確認が出来る事で、また、しなければならない事です」とご質問者さんがちゃんとしていなかったことを前提にする回答があるようですが、これも出鱈目です。 その回答者は出鱈目を垂れ流していることで有名ですので、ご質問者さんにおかれてはお気を付けいただければと思います。

質問日時:2016/08/20 05:32:47 回答数:3

このページの先頭へ