副印鑑のメリットとは?

銀行印イメージ

銀行印を金融機関に登録する際、昔は副印鑑という制度があったのをご存知でしょうか?
副印鑑は金融機関でもらった通帳の表紙裏に、登録した銀行印を押したものです。
副印鑑は預金払い戻しの時に必要な銀行印が、金融機関に届け出た印鑑と同じかどうかを確認するために使われていたのですが、2003年には廃止されてしまいました。

廃止の大きな理由としては、他人の悪用が原因だったのでしょう。
通帳を盗まれたとして、銀行印がなければ払い戻しはできません。
しかし副印鑑が裏表紙に捺印されているおかげで、それをコピーして似た印鑑を作成することが容易になってしまったのです。
そのため、払い戻しに必要な書類に偽造印鑑を使うことが簡単にできるようになり、預金を不正に引き出しやすくなるという現状に陥ってしまいました。

こうした不正事件が増えたため、対策として副印鑑の廃止が決まりました。
考えてみればたしかに不用心ではありますし、廃止されてよかったのではないでしょうか。
ちなみに廃止が決定してからは、銀行印の確認は全てコンピューターで管理されており、偽造などはできないようになりました。

しかしながら、こちらが希望すれば副印鑑を押してもらうことも可能ではあります。
副印鑑を押しておくメリットはあまりないと思うのですが、どの印鑑が銀行印か忘れてしまうと言う人が、見分けのために表示させておきたいということもあるでしょう。
ちなみにその場合、安易にコピーができないように専用の保護シールを張ってもらうことができるのですが、特別な事情がない限り、副印鑑はないほうが賢明と言えるでしょうね。

銀行印を金融機関に登録する際、昔は副印鑑という制度があったのをご存知でしょうか?
副印鑑は金融機関でもらった通帳の表紙裏に、登録した銀行印を押したものです。
副印鑑は預金払い戻しの時に必要な銀行印が、金融機関に届け出た印鑑と同じかどうかを確認するために使われていたのですが、2003年には廃止されてしまいました。

廃止の大きな理由としては、他人の悪用が原因だったのでしょう。
通帳を盗まれたとして、銀行印がなければ払い戻しはできません。
しかし副印鑑が裏表紙に捺印されているおかげで、それをコピーして似た印鑑を作成することが容易になってしまったのです。
そのため、払い戻しに必要な書類に偽造印鑑を使うことが簡単にできるようになり、預金を不正に引き出しやすくなるという現状に陥ってしまいました。

こうした不正事件が増えたため、対策として副印鑑の廃止が決まりました。
考えてみればたしかに不用心ではありますし、廃止されてよかったのではないでしょうか。ちなみに廃止が決定してからは、銀行印の確認は全てコンピューターで管理されており、偽造などはできないようになりました。

しかしながら、こちらが希望すれば副印鑑を押してもらうことも可能ではあります。
副印鑑を押しておくメリットはあまりないと思うのですが、どの印鑑が銀行印か忘れてしまうと言う人が、見分けのために表示させておきたいということもあるでしょう。
ちなみにその場合、安易にコピーができないように専用の保護シールを張ってもらうことができるのですが、特別な事情がない限り、副印鑑はないほうが賢明と言えるでしょうね。

ページの先頭へ