認印と銀行印の兼用は避ける

  • RSS

昔から、実印と銀行印は別々の印鑑にするべきと言われてきました。それは一重に、安全面を考えたからこそだと思います。実印と銀行印を同じ印鑑ですませるということは、もし盗難にあったり紛失したりしたときに大変なことになってしまうのです。

実印も銀行印も、どちらも自分の財産に関係する大事な印鑑です。実印は大きな買い物をするときや、契約などを結ぶ時に使用します。そして銀行印は、預貯金の引き出しや、振り込みなどの時に必要になってきます。
どちらもお金に関係する印鑑なので、もしこれを盗まれたり紛失してしまった場合、自分への被害が大きくなってしまったり、再度登録の際には役所にも金融機関にも届出をしなくてはいけないという、二重に面倒なことになってしまいます。

単純に安全面から言っても、二つの印鑑は一緒にするのは得策ではないのが明白ですよね。一本の印鑑を失くしてしまうだけで、大きな被害と二重の再登録が必要になれば、まさに踏んだり蹴ったりです。
そうならないためにも、実印と銀行印は別々のものを用意し、実印はしっかりと自宅で管理をして、普段は紛失をしないために持ち歩かない方が良いでしょう。

銀行印は使用頻度が高い人もいますし、持ち歩く分には構いませんが、滅多に使わない人は、実印とは別々の場所に大事に保管しておくとよいでしょう。
また、よく認印と銀行印を兼用する人がいますが、防犯を意識するのなら認印と銀行印の兼用も避けた方が無難といえるでしょう。
情報はどこから漏れて悪用につながるかわかりませんから、気をつけましょう。

このページの先頭へ